スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.03.08 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
覚書。
【製品とは】
    _、,_
  (⊂_  ミ ドイツ人が発明
 ↓
  ( ´_⊃`) アメリカ人が製品化
 ↓
  ミ ´_>`) イギリス人が投資
 ↓
  ξ ・_>・) フランス人がデザイン
 ↓
  ( ´U_,`) イタリア人が宣伝
 ↓
  ( ´∀`) 日本人が小型化に成功
 ↓
  (  `ハ´) 中国人が海賊版を作り
 ↓   _,,_
  <ヽ`д´> 韓国人が起源を主張する
【2008.03.08 Saturday 22:54】 author : 雨泪
| 日々是青春 | comments(43) | trackbacks(134) | pookmark |
秀逸なコピペまとめ。
■アメリカ人の買い方
一番でかいの ←大きいものは良いという大雑把な価値観
一番馬力のあんの ←パワーがあれば良いという大雑把な価値観
一番安いの ←安ければ良いという底抜け状態
じゃ、これ ←考えない

■日本人の買い方
トヨタの車が欲しい ←ブランド思考
四輪独立懸架 ←スペック思考
200馬力は欲しい ←不必要なスペック思考
試乗せずに買う ←無意味にメーカーを信じている

■ドイツ人の買い方
このバンパーはリサイクル可能か? ←執拗な環境配慮
このエンジンのCO2は? ←しつこいぐらい執拗な環境配慮
カタログでは分からんから現物を見せろ! ←現物主義
試乗させろ ←徹底的な現物主義

■フランス人の買い方
なんだ?ドイツ製なのか! ←未だにドイツ製品に対する敵意
やっぱドイツ製なんだよな ←欲しいものがドイツ製であるくやしさ
ドイツ製じゃないとな ←バカにしつつドイツ車が欲しくてしょうがない
まぁ〜同じEUだから ←無理やりの合理化。オペルを買えおまえ。

■イタリア人の買い方
まず販売店の女の子をナンパ ←車を買いに来ている
説明を聞くフリをしてタッチ ←車を買いに来ている。
食事に誘う ←車を買いにきている。
そのまま帰る ←ママンの車にのってろボケ!



----------------------------------------------------------------------------


メキシコのある小さな漁港に、一艘の舟がつながれていた。
アメリカ人の旅行者が舟の中をのぞき込んで、漁師に話しかけた。
「立派な魚だね。
これを獲るのにどのくらい時間がかかったんだい?」
「いくらもかからなかったさ」
とメキシコ人の漁師は答えた。

「それなら、もっと時間をかけて、たくさん獲ったらどうなんだい?」
とアメリカ人。
「これだけで、自分や家族が食べる分には充分なんだ」
「だけど、時間があまっちゃうだろう?
残った時間をどうやって過ごしてるんだい?」
「ゆっくり起きて、日中は釣りをしたり、子供と遊ぶよ。
それから女房とシエスタをするんだ。
夕方になったら、村に行って友だちに会って、一杯やる。
あとはギターを弾いて、歌をうたって楽しむんだ。
毎日が楽しいよ」

「ふう〜ん。それは楽しそうでうらやましいね。
でも僕はハーバードでMBAを取っているから、君の役にたつアドバイスをしてあげられると思うよ」
とアメリカ人はうれしそうに話を続ける。

「いいかい、もっと長い時間、漁をしよう。
そして、余計に獲れた分はマーケットで売る。
その分の収入で、もっと大きい船を買って、大きい船でもっと採った魚を売って、もっと船を買って、もっと採って、大船団にするんだ。
そこまでいったら、獲れた魚はマーケットでそのまま売ったりしない。
自分の工場で加工して、輸出するんだ。
最初はメキシコシティからでいいかな。
ロサンゼルスから、ニューヨークに進出していこう。
そうなったらマンハッタンに事務所を持つ君は一流の実業家だ」

「そうなるのに、どれくらい時間がかかるのかね?」
とメキシコ人が尋ねた。
「20年、おそらく25年かな?」
「で、その後はどうするのかね?」

「その後だって?これから面白くなるんだよ」
と答えて、アメリカ人は楽しそうに笑った。
「今度は君の会社の株を売れば、一夜にして億万長者さ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住むんだ。
ゆっくり起きて、日中は釣りをしたり、子供と遊んだりして、女房とシエスタをするんだ。
夕方になったら、村に行って友だちに会って、一杯やる。
あとはギターを弾いて、歌をうたって楽しむんだ。
毎日が楽しいよ」

----------------------------------------------------------------------------


外人が日本人を特別視してるってのは、自分の国の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上ただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回して
ガチで戦争して、世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、
オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。考えられない。
敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらにインフラまで全部叩き潰されて、
多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能にしといた極貧衰弱国家で、
今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年はウザイ顔見ないで済むと思ってたら、
直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。
その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。
金融とかでまだ全然進出してないし車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。
もうキチガイの域。伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。
何気に世界最長寿国とかなってる。んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。エンペラーに代表される歴史。
普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。
【2008.01.23 Wednesday 17:47】 author : 雨泪
| 日々是青春 | comments(0) | trackbacks(12) | pookmark |
イタリアが可愛すぎる件に関して
>>リアルにデスノート出現!??
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070108i413.htm
>>イタリアの政党名がピッツァの名前と同じである件について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF_%28%E6%94%BF%E5%85%9A%29

>>イタリアやべえイタリア(笑)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=344&msgfull=yes

>>面白いジョーク

宇宙人襲来!国際作戦会議が招集された。

アメリカ代表「我々が航空部隊を展開して迎撃する」
イギリス代表「米軍を側面から支援する」
ロシア代表「敵にスパイを送って敵軍を攪乱する」
フランス代表「我々は外交団を派遣して停戦交渉を行う」
ギリシア代表「最前線にはトルコ軍を配置する事を提案する」
ドイツ代表「至急迎撃兵器を開発する」
日本代表「軍資金は我が国が負担する」
スペイン代表「会議している暇が有るならとっとと出撃するべき!」
ポーランド代表「残念ながら我が軍は3分前に全滅した」
モンゴル代表「海軍だけならば提供しても良い」
イタリア代表「白旗は60億本で足りるだろうか?」



もいっちょ!

豪華客船が火災に遭った時、船員は乗客たちに以下のように告げた。
ある船に火災が発生した。船長は乗客に海に逃げるよう指示した。
イギリス人には 「紳士はこういうときに飛び込むものです」
ドイツ人には  「規則では海に飛び込むことになっています」
イタリア人には 「さっき美女が飛び込みました」
アメリカ人には 「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
フランス人には 「海に飛び込まないで下さい」
ロシア人には  「最後のウオッカのビンが流されてしまいました。今追えば間に合います」
中国人には   「おいしそうな魚が泳いでましたよ」
北朝鮮人には  「共和国に帰らなくて済みますよ」
ポリネシア人は 黙ってても喜んで海に飛び込む。
日本人には   「みんなもう飛び込みましたよ」
韓国人には 「もう日本人は飛び込みましたよ。」

もいっちょ!

神はまず天と地を作った。海と山を作った。そしてイタリアという国を作った。
イタリアには世界一うつくしい風景と、世界一おいしい食べ物と、世界一過ごしやすい気候を作った。天使がいった。
「神様、これではあまりにイタリアが恵まれすぎています!」
神はこたえた。

「心配するな。イタリア人を入れておいた」

ポーランド人も可愛いvv

「電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か」
「答えは5人。一人が電球を握って、残りの4人でその人の乗っているはしごを回すから」

>>各国の兵士の食料 (イタリアはヤバイ)
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/phumor/6000/20060327114346824375485400.jpg


>>コレ欲しい(笑)
http://asame4.web.infoseek.co.jp/neuovaf1.html

>>マジ吹いたww
http://blog-imgs-1.fc2.com/i/m/i/imihu/vip207298.jpg
【2007.01.13 Saturday 00:22】 author : 雨泪
| 日々是青春 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |